夏の始まりにかわいらしいシュー菓子を

今回はシュー生地のお菓子、”ルリジューズ” を作ります。
大小のシューを雪だるまのように重ねたお菓子で、フランスでは大抵のパン屋さん(ケーキも売ってます)でもエクレアと並んで置かれているぐらいポピュラーなものです。

”ルリジューズ” はフランス語で “修道女”。
上下シューの間に見えるクリームが修道服の襟元だと言われています。
ということは、上が頭で下が体。どうでしょう?そう見えましたか??

ルリジューズ

初めて見た時からこのかわいらしい形が大好きで、実は教室のシンボルマークもルリジューズにしようかと思っていたぐらいのお気に入りです。

そんなルリジューズの中には、紅茶のカスタードと、リュバーブのコンフィチュールが入ります。
ミルクティーのようなコクのあるクリームに、爽やかな酸味のリュバーブが良い仕事をしてくれるんです。
リュバーブが大~好きなので、やっとレッスンでリュバーブを使えるのがとっても嬉しい!

紅茶シュー

私の好きを詰め込んだルリジューズですので、お話したいことがたくさん!
シューが初めての方も、これを機にぜひマスターしにいらしてくださいね!

◇お申し込み方法◇


LINE公式アカウント(登録はこちら)、または、HPメニューの”CONTACT“、から
下記、残席状況をご確認いただき、ご希望日をご連絡ください。

ご不明点などはお気軽にお問合せください♪

【日程】


5月19日(日)【満席】
5月25日(土)【残席1】
5月31日(金)【満席】
6月1日 (土) 【満席】
6月2日 (日)【満席】
6月4日 (火)【満席】
6月6日 (木)【満席】
6月8日 (土)【残席1】
6月10日(月)【満席】
6月11日 (火)【満席】
6月16日 (日)【満席】

◇時間:全日程 10時~13時頃

お申し込み状況によっては追加・変更もありますので、最新状況はこの場にて更新いたします。

【レッスン料】


5,500円

※ルリジューズ5個のお持ち帰り
※賞味期限は翌日

【持ち物】


エプロン、お手ふきタオル、筆記用具、保冷剤、お持ち帰り用の袋(保冷袋がおすすめ)